まぶしい光をカットし視界クッキリ

偏光レンズの進化系<ポラコート>。

反射光や紫外線などの余分な光をカットして、自然光だけを取り入れる目にも優しいレンズです。

偏光レンズの仕組み

人がまぶしさを感じるのは、乱反射した光が視界に入ってくるからです。これらの光を極力減らせば、まぶしさは減少します。偏光レンズは一定方向の光だけを通す構造なので、水面や路面などで乱反射した光をカット。視界をまぶしさから守ってくれます。

偏光レンズの特徴

すべての光を減少させるサングラスに比べ、一定方向の光のみを通す偏光レンズは、視界がクリアーで疲れにくいのが特長です。 釣りに使うと水中の魚がよく見え、ドライブに使うとダッシュボードのフロントガラスへの映り込みを除去。路面の反射や対向車のドライバーの状況がよく見えて、疲れにくいだけでなく安全運転にも役立ちます。
(夜間運転には不適合)


偏光レンズの効果

風景写真家の多くがカメラのレンズに偏光フィルターをつけているように、青空の碧が深く、山の緑が鮮やかに見える効果がありますので、旅行やトレッキング、スキー場での使用に特にお勧めです。通常の染色タイプのサングラスに比べて視界が暗くならないので、夏だけでなく太陽の位置が低い冬場にも1年を通して使うことができます

偏光レンズの進化系

ポラコート・レンズとは?

リキッド・スピン・コーティング製法による新しい偏光レンズです。

ポラコート・レンズはフィルムを挟み込んだ従来の偏光レンズとは異なり、レンズ表面に偏光膜を装着させる「リキッド・スピン・コーティング」による新しい製法によって誕生しました。 従来のようにレンズを接着していないため、簡単に剥がれてしまう心配もありません。いままでの製法ではできなかったツーポイントやナイロールフレームにも使うことができ、さまざまなニーズに対応できるまったく新しい偏光レンズです。

従来型の偏光レンズは、2枚のレンズで偏光膜を挟み込むため、どうしても厚みが生じてしまいます。1枚のレンズ表面にコーティングするポラコートなら、挟み込むロスがない上に偏光カーブとレンズカーブが一致しているため、同じ屈折率の従来品に比べてレンズ厚が薄め。よりクリアな装着感が得られます。

挟み込み型の偏光レンズでは、レンズの断面に付着した水分が隙間から浸透して、シミの発生や、レンズと偏光膜との剥離を引き起こしていました。その点、コーティングタイプのポラコートなら、水分の入り込む余地がありません。シミや剥離などのデメリットからクリアになる、それがポラコートです。

ポラコートはコーティング偏光のため、穴開けの際にネジで偏光膜を巻込んで歪めたり、溝掘り部分の剥離を起こす心配がありません。 ツーポイントや溝掘り用のフレームをはじめハイカーブレンズフレームなど、あらゆるフレームに対応できます。

ポラコート・レンズ 分光透過率データ

380nm〜740nm 範囲/1nm 単位/偏光軸=0°測定

Gray65 推奨用途一例
釣り/ドライブ/トレッキング/ランニング/スキー

Gray85 推奨用途一例
釣り/ドライブ/トレッキング/ランニング/ゴルフ

G15 推奨用途一例
釣り/ドライブ/トレッキング/ランニング/スキー

Brown85 推奨用途一例
釣り/ドライブ/ゴルフ/スキー

(測定装置:日立ハイテクノロジーズ社製 U4000分光高度計)

■偏光レンズ使用上の注意点
・携帯電話、パソコン、カーナビ等の液晶画面は角度によって見えにくくなることがあります。
・自動車ガラス・窓ガラスの種類によっては歪みが見えることがあります。

※ポラコート使用上の注意点(偏光レンズ使用上の注意点に加え)
・レンズ表面のキズやコート剥がれで偏光機能が失われることがあります。